7 12月
AV

蘭亭序

口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆
  • 「論語義疏(校本・校勘記)」『武内義雄全集 第一巻 論語篇』角川書店、1978年• 「あなや。

  • 〔国外〕• この日、空は晴れわたり空気は澄み、春風がのびやかにながれていました。

  • 5
1 4月
AV

『竹取物語』の原文・現代語訳12

口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆
  • ・ (漢文記事一覧) [ 現代語訳・書き下し文1 ] [ 語句・句法 ] ・ 地を割く … 領土を分割する ・ 游説す … 意見や政策を説いて歩く ・ 乃ち … そこで ・ 従親す … 南北に同盟する [ 原文 ] 秦人恐喝諸侯、求割地。

  • かみ、どうにかするよりだいなるはなく、ふく、かのなきよりちょうなるはなし。

  • 18
15 2月
AV

『新人教師のための漢文指導入門講座』|漢字文化資料館

口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆
  • 皆のものは、私のことを心配しているようだが、私はどうなっても構わない。

  • さて年ごろ経 ふるほどに、女、親なく、頼りなくなるままに、もろともに言ふかひなくてあらむやはとて、河内 かふちの国、高安 たかやすの郡 こほりに、行き通ふ所出で来にけり。

  • 11
29 9月
AV

『新人教師のための漢文指導入門講座』|漢字文化資料館

口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆
  • 殺された呉王には息子がいて名前を夫差(ふさ)といったわけです。

  • 夫差取 二 リ其 ノ尸 一 ヲ、盛 ルニ以 二 テシ鴟夷 一 ヲ、投 二 ズ之 ヲ江 一 ニ。

  • 6
25 6月
AV

論語:現代語訳・書き下し文・原文・注釈

口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆 口語 訳 臥薪嘗胆
  • (しかし、)今夜は、「このような有様は(どういうことだ。

  • 朝夕薪中に臥し、出入するに人をして呼ばしめて曰はく、「夫差、而越人の而の父を殺ししを忘れたるか。

  • 14