2 4月
AV

花蓮縣統計資訊服務網

集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計
  • XII. Statistics for Prefectures 169• XII. 12ー21 都道府県別市部 郡部人口及び市部人口割合:1950ー95年 204• 75歳以上人口は1849万人で,前年に比べ51万5千人の増加となり,割合は14. rchss. 24%などとなっています。

  • 資料來源:本府民政處公務統計報表「花蓮縣各鄉鎮市村里鄰戶數、人口數與戶籍動態登記數按性別、登記項目及區域分」 表號 1221-00-01-2 、花蓮縣各鄉鎮市現住人口數按性別及原住民身分分 表號: 1222-02-01-2• III. 3ー2 将来の出生、死亡及び自然増加数ならびに率:1996ー2050年 42• XII. 12ー43 都道府県、従業上の地位(3区分)別就業人口及び割合:1995年 238• IV. 4ー19 主要国の合法的人工妊娠中絶数:最新年次 66• XII. 12ー4 都道府県別人口及び増加率の将来推計:1995ー2025年 174• IX. 11ー18 老年人口割合の大きい市町村 小さい市町村(上位20):1995年 165• XII. 12ー15 都道府県別従属人口指数(総数):1920ー95年 191• V. 死亡 寿命 69• XII. 12ー23 都道府県別過疎地域人口、人口減少率、市町村数及び割合:1960,96年 206• 31%などとなっています。

  • 12
12 8月
AV

人口の動向 : 日本と世界 : 人口統計資料集 (厚生労働統計協会): 1986|書誌詳細|国立国会図書館サーチ

集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計
  • II. 2ー4 性、年齢(5歳階級)別将来推計人口:2025,50年 27• 男女別にみると,男性は15年連続,女性は11年連続の自然減少となっています。

  • 2%,20. 39%)の減少と9年連続で減少しています。

  • 2
12 6月
AV

統計處

集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計
  • gov. I. 1ー16 人口の多い国:1950,95.2050年 21• 感謝您使用政府開放資料,以上答復,供您參考,若仍有其他疑問或不明瞭之處,歡迎隨時來電洽詢。

  • IV. 4ー14 出生順位別合計特殊出生率:1955ー97年 63• I. 1ー5 総人口、人口増加、性比及び人口密度の将来推計:1995ー2050年 12• IX. 地域移動 地域分布 155• 図8ー1 労働力人口及び率:1920ー95年 132• IV. 4ー11 男子の年齢(5歳階級)別嫡出出生率:1955ー96年 61• IV. 4ー13 出生順位別出生数:1950ー97年 62• 7%で過去最高となっています。

  • 8
13 11月
AV

花蓮縣統計資訊服務網

集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計
  • II. 2ー12 世界の主要地域別、年齢(3区分)別人口:1950,95.2025,50年 33• XII. 12ー8 都道府県別人口の平均年齢、中位数年齢及び年齢構造指数:1997年 178• V. 5ー17 主要国の性別平均寿命:1950ー2050年 82• IV. 4ー21 避妊の実行割合:1950ー98年 67•。

  • 8 性、年齢別県Uターン率 251• V. 5ー19 性、配偶関係別20歳時平均余命:1970ー90年 84• 75歳以上人口の割合が15歳未満人口の割合を上回ったのは前年と同様,44都道府県となっています。

  • 11
17 9月
AV

統計局ホームページ/人口推計/人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐

集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計
  • XII. 12ー36 都道府県別一般世帯数及び平均世帯人員:1970ー90年 229• IX. 地域移動 地域分布• XII. 12ー1 都道府県、性別人口、人口性比、人口密度及び人口増加率:1997年 169• XII. 12ー7 都道府県、年齢(3区分)別人口及び割合:1997年 177• V. 5ー16 世界主要地域の性別平均寿命:1950ー2050年 82• VI. 10ー12 在留国別在外日本人:1980,96年 153• IV. 4ー20 妻の年齢(5歳階級)別予定子ども数:1977ー97年 67• XII. 12ー42 都道府県、産業(3部門)就業人口割合:1960ー95年 235• IV. 4ー2 父母の国籍別出生数:1987ー96年 47• V. 5ー11 性、年齢別平均余命:1948ー95年 77• V. 5ー14 主要国の性別平均寿命:最新年次 79• V. 5ー8 主要国の乳児死亡率:1950ー2050年 74• V. 5ー5 主要国の性、年齢(5歳階級)別死亡率:最新年次 73• VI. 結婚 離婚 配偶関係別人口• IV. 出生 家族計画• 本資料集における世界主要地域の構成• VI. 6ー9 性、年齢(5歳階級)別未婚者に対する初婚率:1930ー95年 99• 人口が減少した40道府県は全て自然減少となっており,うち大阪府,福岡県など7府県が社会増加,他の33道県で社会減少となっています。

  • V. 5ー9 生命表:1995年 75• IX. 11ー11 市部 郡部別人口集中地区人口及び面積:1960ー95年 162• XII. 12ー30 都道府県別女子人口の総再生産率及び純再生産率:1960ー95年 216• IX. 11ー4 年齢、5年前の常住地別人口:1990年 159• XII. 12ー46 都道府県、国籍(3区分)、性別登録外国人数:1997年 241• IX. 11ー13 東京、大阪、名古屋の50キロ圏の人口増加及び人口密度:1970ー95年 163• III. 人口動態率(自然増加、標準化、安定人口)• 花蓮縣歷年各鄉鎮市人口資料說明• 6 居住経験のある都道府県数割合 249• なお,人口減少率が1%以上となったのは9県で、前年から3県増加しています。

  • 16
23 9月
AV

各村(里)戶籍人口統計月報表

集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計 集 資料 人口 統計
  • VI. 6ー5 性、年齢(5歳階級)別再婚数:1930ー96年 97• V. 5ー3 性、年齢(5歳階級)別死亡率:1930ー97年 71• XII. 12ー29 都道府県別普通及び標準化出生率、死亡率:1996年 215• IV. 4ー15 出生順位別平均出生年齢:1955ー97年 64• (結果の概要 2~3ページ) 外国人が7年連続の社会増加,増加幅は拡大• 10 世帯主の年齢、移動類型別世帯割合 252• ファイル(PDF形式)一括ダウンロード• IX. 11ー2 類型別府県間移動数:1954ー97年 156• XII. 12ー37 都道府県、一般世帯の家族類型別割合:1985ー95年 230• (結果の概要 2~3ページ) 都道府県別人口 東京都など7都県で人口増加 人口減少から人口増加に転じたのは滋賀県のみ 自然増加は沖縄県のみ• 08ポイント)など11府県となっています。

  • I. 1ー15 主要国の人口及び人口増加率:1950ー2050年 20• II. 2ー18 主要国の65歳以上人口割合:1850ー2050年 38• III. 人口動態率(自然増加、標準化、安定人口) 41• 図11ー1 県内 県間別人口移動数及び率:1954ー97年 158• IV. 4ー5 主要先進国の合計特殊出生率:1950ー97年 51• IX. 11ー15 人口の多い市町村 少ない市町村(上位20):1995年 164• I. 1ー10 西暦14年から1800年までの世界人口 15• 1%で過去最低となっています。

  • 18