30 4月
AV

繰越明許費 ・事故繰越: 資料集

費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越
  • () 第二百四十二条の二• そこで、本院は、有効性等の観点から、繰越しの申請、審査、承認等の手続が適切に行われ、繰り越された歳出予算(以下「繰越予算」という。

  • 連結実質赤字比率 公立病院や下水道など公営企業を含む「地方公共団体の全会計」に生じている赤字の大きさを、財政規模に対する割合で表したものです。

  • 15
13 9月
AV

平成27年度一般会計繰越明許費について

費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越
  • 普通地方公共団体の長は、第一項から第四項までの規定による処分についての審査請求又は異議申立てがあつたときは、議会に諮問してこれを決定しなければならない。

  • 長期の残高がなくなったら短期を取り崩します。

  • 3
16 10月
AV

公営企業の会計について

費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越
  • 普通地方公共団体の委員会若しくは委員又はこれらの管理に属する機関で権限を有するものは、その管理に属する行政財産の用途を廃止したときは、直ちにこれを当該普通地方公共団体の長に引き継がなければならない。

  • )のうち政令で定めるもの(以下「占有動産」という。

  • 17
23 5月
AV

公営企業の会計について

費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越
  • 例えば、建設事業で年度内完成で予算を計上し契約を締結したが、天候不順で工事が予定通り進まずに3月31日までに完成ができない場合、あるいは事業に対して国の補助金を予定していたが、その補助金が2ヵ年に分割して交付されることとなった場合などは、年度内に完成した部分に対して、出来高払いをして残りの部分の予算については、翌年度に支出することになりますので、この翌年度に繰り越す額を「繰越明許費」といいます。

  • 前項の指名競争入札、随意契約又はせり売りは、政令で定める場合に該当するときに限り、これによることができる。

  • 10
23 11月
AV

継続費、繰越明許費、債務負担行為

費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越
  • 逓次繰越 さきにご説明した「会計年度独立の原則」の例外規定のひとつです。

  • すなわち、財政法第43条の規定により、各省各庁の長は、繰越計算書を作製し、事項ごとに、その事由及び金額(以下、この金額を「申請額」という。

  • 16
4 9月
AV

繰越明許費とは

費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越 費 と は 明 許 繰越
  • 9.事故繰越しを行った経費の再繰越し• 明許繰越予算(未契約分)について工事発注する場合、入札差金の関係、および現場状況など(通行制限の関係などで、一体的に発注することが望ましい「工事範囲」がある場合など)により、現年予算と合算して発注(契約)することがあります。

  • 債権の担保として徴するもののほか、普通地方公共団体の所有に属しない現金又は有価証券は、法律又は政令の規定によるのでなければ、これを保管することができない。

  • 11