23 7月
AV

埱椦戝妛 丗 曐寬妛晹 丗 嫵堳徯夘

ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育
  • 嵅乆栘丂姲岾, 彫栰丂怲擵彆, 暯郪丂垽, 彫壨丂斏旻. Physiol Rep 2 9 : e12163, 2014. : 僐乕僸乕愛庢偑擼帺屓挷愡婡擻偵媦傏偡塭嬁. 学長 加茂 佳子• [Epub ahead of print] Lund A, Secher NH, Hirasawa A, Ogoh S, Hashimoto T, Schytz HW, Ashina M, Sorensen H. 306 10 :R747-51. [Epub ahead of print] Sasaki H, Hirasawa A, Washio T, Ogoh S. 2014. Effect of summer camp training on sympathetic nerve activity and artery stiffness in endurance runner. : 婲棫僗僩儗僗帪偺擼弞娐墳摎. 彫壨斏旻, 暯郪丂垽丆壀嶈榓怢丆媨杮拤媑丆嵅摗峩暯, 掕杮朁巕丆幣嶈妛. 砲丸投げの突き出し動作に関する研究-熟練者と未熟練者の比較.小山裕三,濱松亜紀,青山清英,小倉幸雄,川井明,澤村博.陸上競技研究 17:10-15,1994 C.発表 1.暑熱環境下における脱水がハイパワー・ミドルパワーに及ぼす影響.小倉幸雄,井上芳光,近藤徳彦. 第74回日本体力医学会大会,2019 2.夏季陸上競技練習中における脱水の程度がパワー発揮能力に及ぼす影響.小倉幸雄.日本陸上競技学会第16回大会,2017 3.高温下運動時における持久系・瞬発系種目の水分摂取量と生体負担度.小倉幸雄,近藤徳彦,井上芳光.第70回日本体力医学会,2015 4.高温下長時間運動時の摂取水温の相違が生体反応に及ぼす影響.小倉幸雄,近藤徳彦,井上芳光.第69回日本体力医学会,2014 5.摂取水温が夏季フィールド運動時における水分補給量と発汗量に及ぼす影響.小倉幸雄,近藤徳彦,井上芳光.第68回日本体力医学会,2013 6.女子陸上競技長距離選手と短距離選手における運動時熱放散反応.小倉幸雄,中川梓,柴田亜耶,一之瀬智子,井上芳光.日本生理人類学会第63回大会,2010 7.摂取水温が運動時の体温・循環調節反応に及ぼす影響.小倉幸雄,大上安奈,一之瀬智子,近藤徳彦,井上芳光.日本生理人類学会第62回大会,2010 8.水分摂取およびその水温が高温下長時間運動時の体温・循環調節反応に及ぼす影響.小倉幸雄,大上安奈,近藤徳彦,井上芳光.第64回日本体力医学会,2009 9.運動トレーニングに伴う汗腺機能の亢進とその性差.小倉幸雄,久保田豊司,井上芳光. 2 7.「レース直前 特別講座」講師(第22回 大阪・淀川市民マラソン 前日イベント)2018. 9 32.「ソフトボール投げ」講師・模範演技解説(豊中市教育委員会 親子スポーツフェスタ2012)2012. kyorin-u. 3 21.「身体の使い方と効率の良いランニングフォーム作り」講師(大阪国際大学陸上競技部 第8回市民ランナーを対象としたトレーニング講習会・交流会)2015. ,Kondo N. 3 4.「熱放散反応の性周期・性差とそれに及ぼす運動トレーニングの影響」(代表)基盤研究 C 2007. スポーツのチカラで!」パネリスト(大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部国際関係究所主催 第27回国際シンポジウム)2015. スポーツ競技者の跳躍運動における主観的強度と客観的達成度の対応性に関する一考察.加藤史夫,小山裕三,濱松亜紀,小倉幸雄,五十嵐聰,澤村博.陸上競技研究 23:18-24,1995 27. 曅嶳宧復丆愇揷峗巌丆陰摗丂枮丆暯郪丂垽丆彫抮峎旻丆彫壨斏旻. 8 25.「大学スポーツと地域共生」講師(門真市あいまち門真ステーション かどま市民講座)2015. 11 5.「子どもの体力・運動能力」講演(大阪府レクリエーション協会 2014 年度市町村レク協会及び有資格者活動支援助成事業「2014親子ふれあい元気アップ!in 大阪国際大学短期大学部」)2014. The effect of hyperventilation-induced low cerebral blood flow on cognitive function during prolonged heavy exercise. Tomoko Ichinose-Kuwahara,Yoshimitsu Inoue,Yoshiko Iseki,Sachi Hara,Yukio Ogura,Narihiko Kondo. The effect of an acute increase in central blood volume on dynamic cerebral autoregulation. Ogoh S, Sato K, Okazaki K, Miyamoto T, Hirasawa A, Shibasaki M. Katayama K, Ishida K, Saito M, Koike T, Hirasawa A, Ogoh S. 11 6.「子どもの体力・運動能力」講演(大阪府レクリエーション協会 2013 年度市町村レク協会及び有資格者活動支援助成事業「2013親子ふれあい元気アップ!in 大阪国際大学短期大学部」)2013. 亙妛夛敪昞亜 Hirasawa A, Sato K, Ono S, Yoneya M, Sadamoto T, Sasaki H, Ogoh S. 嵅乆栘 姲岾丆搶杮 梼丆暯郪 垽丆崱堜 抭巕丆慜揷 惔巌丆悰尨 弴丆彫壨 斏旻. jp 乮仐偼彫暥帤偵曄姺偟偰偔偩偝偄乯 僆僼傿僗傾儚乕 壩梛擔9帪偐傜12帪 乮帠慜偵儊乕儖楢棈傪偔偩偝偄乯. 私は大学が開設された昭和38年4月に1年生として入学しましたが、当時は短期大学が当たり前であり、短大の2年生はとても大きな存在に見えました。

  • 1掲載 E.助成金 <JSPS科研費> 1.「脱水と体温上昇の相違が陸上競技のパフォーマンスと各種パワー発揮能力に及ぼす影響」(代表)基盤研究 C 2016. 10 33.「スポーツ活動中におけるケガ防止」講師(守口市立東公民館 スポーツ安全講習会)2012. 11 3.「短距離走」講師・模範演技の解説(豊中市教育委員会 豊中市親子スポーツフェスタ2019)2019. 2014. Impact of short-term training camp on arterial stiffness in endurance runners. EB meeting 2013, Boston, USA, 2013. 1 12.「短距離走 リレーのバトンパスワーク」講師・模範演技の解説(富田林立高辺台小学校)2017. 10 37.「運動遊び」講師(豊中市教育委員会 体力向上の基礎を培う幼児期における実践研究「げんキッズプロジェクト」豊中市立てしま幼稚園)2011. 戞69夞擔杮懱椡堛妛夛戝夛, 挿嶈, 2014. Orlando, USA, 2014. European Journal of Applied Physiology. 戞69夞擔杮懱椡堛妛夛戝夛, 挿嶈, 2014. 大学での授業は高校と違い、決められた勉強ではなく、学問に触れるという印象が強く残っています。

  • 1
23 9月
AV

東京女子体育大学・東京女子体育短期大学で学びたいと思う女子高校生のあなたへ

ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育
  • 7 C.講師 1.「キッズキャンパス かけっこ教室」講師(大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部 地域協働センター 守口市立よつば小学校)2019. 私の場合には、スポーツが好きということが一番の動機となり、そのことを軸にしていろいろな知識や運動技能を身につけられたことで、活動の幅を広げることができたと思います。

  • Ono S, Sasaki H, Hirasawa A, Ogoh S. 暯郪丂垽丆揷拞丂彯庽丆廙崻丂巌丆栘岥丂夒巎丆Henrik Sorensen丆Niels H. The 62th Annual Meeting and 5th World Congress on Exercise. 10 4.「歩くと走るの違い」解説・実技指導(FM HANAKO もりかど探偵団)2008. Ogura. 1 15.「体つくり運動の取組みと方向性〜運動の「感じ」と「気づき」〜」講師(富田林市立高辺台小学校 校内研修会)2016. 10 34.「運動会で1番になろう!」講師(寝屋川市総合型地域スポーツクラブ「池の里クラブ」 小学生陸上教室)2012. ,Ooue A. Scand J Clin Lab Invest, 76 1 :82-7. Experimental Physiology 95 : 1026-1032,2010 5.中長距離競技者のスプリント走とエンデュランス走における走フォームの特徴とその関係.小倉幸雄.陸上競技研究 76 : 25-30,2009 6.Sex differences in the effects of physical training on sweat gland function. Ogoh S, Hirasawa A, Sakai S, Tsukamoto H, Hashimoto T, Hirose N. The effect of an acute increase in central blood volume on the response of cerebral blood flow to acute hypotension. 10 23.「速く走るためのコツやきれいなフォームを教えてもらうチャンス!!」講師(寝屋川市総合型地域スポーツクラブ「池の里クラブ」 小学生陸上教室)2015. Ooue A, Sato K, Hirasawa A, Sadamoto T. 11 8.「子どもの身体と運動について-幼少期の運動経験と将来性」講演(豊中市私立幼稚園連合)2012. Ogiso, K. Journal of Thermal Biology 61 : 61-66,2016 3.屋内・屋外におけるスポーツ活動現場の温熱的環境.勝俣康之,下石真由,小倉幸雄,久保田豊司,安松秀,井上芳光.国際研究論叢 27 3 : 51-60,2014 4.Sex differences in the effects of physical training on sweat gland responses during a graded exercise. Hirasawa A, Kaneko T, Tanaka N, Funane T, Kiguchi M, Sorensen H, Secher NH, Ogoh S. : 抁婜娫崅嫮搙帩媣惈僩儗乕僯儞僌偑拞怱摦柆怢揥惈偍傛傃怱婡擻偵媦傏偡塭嬁. Orlando, USA, 2014. Yoshimitsu Inoue, Yukio Ogura, Tatsuro Amano, Tomoko Ichinose-Kuwahara,Narihiko Kondo. The 60th Annual Meeting and 4th World Congress on Exercise. Ogoh S, Lericollais R, Hirasawa A, Sakai S, Normand H, Bailey DM. 5 29.「スポーツ活動中におけるケガ防止」講師(守口市立東公民館 スポーツ安全講習会)2013. Hirasawa A, Yanagisawa S, Tanaka N, Funane T, Kiguchi M, Sorensen H, Secher NH and Ogoh S. 10 4.「大阪国際大学陸上競技部のトレーニング」実技指導(National University of Singapore, Track&Field Team)2019. 3 5.「性周期・運動トレーニングが若年女性における運動時の熱放散反応に及ぼす影響」(代表)基盤研究 C 2004. しかし、大学生活の4年間を目標に向かって努カすることは何ものにも代え難い貴重な経験であり、自信に繋がると思います。

  • 10
17 12月
AV

健康メディカル学部

ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育
  • Eur J Appl Physiol. San Diego, USA 2015. 2016. Effect of coffee intake on dynamic cerebral blood flow regulation. San Diego, USA 2015. 10 競技指導実績 A.大阪国際大学陸上競技部 顧問(部長・監督) 1.日本選手権:女子競歩 出場 2001 、女子走高跳 6位 2002 、4位 2005 、12位 2017 、女子200m 8位 2004 、女子4x100mR 2004 準決勝、女子400mH 2008 出場、女子4x400mR 出場 2008 、女子100mH 出場 2015、2017、2018 、男子走高跳 出場 2017 、男子100m 出場 2019 、男子4x100mR 出場 2018、2019 2.国民体育大会:女子走高跳 8位 2002 、7位 2003 、5位 2005 3.U20日本選手権(日本ジュニア):女子走高跳 7位 2002 、 8位 2015 、男子走高跳 4位 2017 、男子棒高跳 8位 2019 4.日本インカレ:女子100m 4位 2004 、女子200m 8位 2004 、女子走高跳7位 2002 、7位 2003 、 6位 2011 、3位 2017 5.西日本インカレ(優勝):女子100m 2004 、女子200m 2004 、女子4x100mR 2004 、女子走高跳 2005、2011 6.大阪国際女子マラソン:出場 2002、2003、2004、2007 B.大阪国際大AC 監督 (大阪陸協所属の社会人クラブチーム) 1.日本選手権:女子100m 7位 2005 出場 2006、2007、2009 、女子200m 出場 2005 、女子4x100mR 準決勝 2007、2008、2009 、女子三段跳 出場 2007、2009 、女子400mH 出場 2009 、女子走高跳 7位 2014 、 2.国民体育大会:女子100m 4位 2005 3.近畿選手権:女子800m 2位、女子4x100mR 優勝・大会新 2007、2008、2009 、女子3000SC 4位 4.大阪陸協クラブ対抗:女子総合優勝 2005-2016 5.大阪国際女子マラソン出場 2008、2009、2010、2011. Acute effect of coffee drinking on dynamic cerebral autoregulation. The 62th Annual Meeting and 5th World Congress on Exercise. ,2007 7.スポーツ活動時における脱水の程度が血栓形成に及ぼす影響.石指宏通,小倉幸雄,井上芳光.デサントスポーツ科学 28 : 107-115, 2007 8.Effects of physical training on heat loss responses of young women to passive heating in relation to menstrual cycle. search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss. 東京女子体育大学・東京女子体育短期大学で学びたいと思う女子高校生のあなたへ 記事公開日:2010. 6 4.「子どもの体力・運動能力」講演(大阪府レクリエーション協会 2015 年度市町村レク協会及び有資格者活動支援助成事業「2015親子ふれあい元気アップ!in 大阪国際大学短期大学部」)2015. The responses of internal and external carotid artery blood flow to isometric exercise, The 62th Annual Meeting and 5th World Congress on Exercise. Enhanced muscle pump during mild dynamic leg exercise inhibits sympathetic vasomotor outflow. 競歩動作の左右差に関する研究.山田英生,尾懸 貢,関岡康雄,小倉幸雄,大山圭悟.陸上競技研究 29:10-17,1997 18. 11 22.「短距離走」講師・模範演技の解説(豊中市教育委員会 親子スポーツフェスタ2015)2015. Tomoko Kuwahara, Yoshimitu Inoue, Miyuki Taniguchi, Yukio Ogura, Hiroyuki Ueda, Narihiko Kondo. J Physiol Sci, 65 5 :445-9. : 惗棟巋寖偵懳偡傞奜栩摦柆寣娗斀墳丆戞70夞擔杮懱椡堛妛夛戝夛, 榓壧嶳, 2015. Near-infrared spectroscopy determined oxy-hemoglobin concentration does not reflect intracranial cerebral oxygenation especially during dynamic heavy exercise. 東京生まれ東京育ちの私は、水泳、スキー、スケートなどまったくと言っていいほどできませんでしたが、学外実習で手ほどきを受けたお陰で、人並み以上になることもできました。

  • トレーニングルーム• 暯郪丂垽, 彫壨丂斏旻. Tomoto T, Sugawara J, Hirasawa A, Imai T, Sakai T, Maeda A, Ogoh S. Med Sci Sports Exerc. Blood flow in internal carotid and vertebral arteries during graded lower body negative pressure in humans. 10 13.「大阪国際大学陸上競技部のトレーニング」実技指導(National University of Singapore, Track&Field Team)2017. 11 17.「短距離走」講師・模範演技の解説(豊中市教育委員会 親子スポーツフェスタ2016)2016. 10 10.「大阪国際大学陸上競技部のトレーニング」実技指導(National University of Singapore, Track&Field Team)2018. 11 8.「キッズキャンパス かけっこ教室」講師(大阪国際大学・大阪国際大学短期大学部 地域協働センター 守口市立よつば小学校)2018. Appl Physiol Nutr Metab Sep;38 9 :941-6, 2013. 5 2.「走り幅跳び」指導・解説(朝日放送 ごきげん!ブランニュ)2013. A novel algorithm for NIRS-determined cerebral oxygenation that suppresses influence of skin blood flow in humans, The 61th Annual Meeting and 4th World Congress on Exercise. 本学部では、学ぶ意欲にあふれ、幅広い教養と専門性を身につけるため地道に努力する人材を求めています。

  • 11
14 9月
AV

[学部学科改編のお知らせ]2019年4月、6学部17学科の新体制スタート|東京都市大学

ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育
  • 1 9.「子どもの体力・運動能力の実態について」講演(日本レクリエーション協会、大阪府レクリエーション協会 おやこ元気アップ!事業in守口)2011. 今回は、私の学生時代を振り返りながら、大学や短大の魅力について少し触れてみたいと思います。

  • 暷扟 錆棦撧丆嵅摗 峩暯丆戝捨 梛惗丆暯郪 垽丆掕杮 朁巕. 陸上競技の指導カリキュラムにおける幼少期の鬼遊びの意義.小倉幸雄,尾縣貢,関岡康雄,清水茂幸.陸上競技研究 25:30-36,1996 22.Effects of approach velocity to the contribution of each body segments to the take-off movement in the Long Jump. Aoyama, A. Tsukamoto T, Hashimoto T, Hirasawa A, Hasegawa H, Ogoh S. Orlando, USA, 2014. 暯郪丂垽. And All Related Entries. Ogoh S, Hirasawa A, Raven PB, Rebuffat T, Denise P, Lericollais R, Sugawara J, Normand H. 2015. 戞4夞NU-Brain僔儞億僕僂儉, 搶嫗, 2014. またクラブ活動は、当時学生が自主的に活動し、先輩が親身になって指導してくださいました。

  • 6
29 9月
AV

健康メディカル学部

ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育 ユニパ 東京 大学 女子 体育
  • Aoyama, K. Effects of short-term vigorous endurance training on central arterial stiffness in endurance athletes. Inoue Y. 談話室• いずれも、人々の命や健康の維持増進、及び障害とその予防に関わる保健医療専門職に関する国家資格の受験資格を取得することができます。

  • : 旂晢寣棳検偺塭嬁傪彍嫀偟偨摢奧撪巁慺壔摦懺摨掕朄偺奐敪. 94:376-385,2005 9.Sex-and menstrual cycle-related differences in sweating and cutaneous blood flow in response to passive heat exposure. 2 26.「短距離走」講師・模範演技の解説(豊中市教育委員会 親子スポーツフェスタ2014)2014.。

  • 5