19 5月
AV

新政権はまず新型コロナ「指定感染症」の解除を

症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ
  • (冒頭のサマリーに同じ)• 感染症 が、ある範囲の 業務に従事することを一定期間制限する• そして、菅義偉政権がめざす「コロナ対策と経済社会活動の両立」には、新型コロナ感染症がむやみに恐れることのない感染症であることを明確にし、人々の恐れすぎを和らげることが欠かせない。

  • 「感染症の疑似症を呈している者をいう」(第6条第10項)• 感染症の発生の未然予防• PCR検査、抗原検査は行政検査ではなくなる 季節性インフルエンザと同じ五類感染症扱いになると仮にコロナウイルス感染症に感染しても軽症の場合は一流企業に勤務している人や公務員以外は休むことが難しくなるでしょう。

  • 3
12 12月
AV

コロナウイルス感染症、指定感染症から外すべきという木村盛世氏、音喜多駿氏の主張を検証|臨床獣医師の立場から

症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ
  • 都道府県知事• ワクチンが完成して普及する。

  • これでインフルと同じように一般の病院や開業医が扱えるようになり、ボトルネックは解消する。

  • 16
22 1月
AV

コロナウイルス感染症、指定感染症から外すべきという木村盛世氏、音喜多駿氏の主張を検証|臨床獣医師の立場から

症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ
  • これに対して新型コロナでは、第1のピークであった4~5月には1日当たりの死亡者が14人、第2のピークであった8月では1日当たり9人であった。

  • さらに1月28日、政府が本感染症を「指定感染症」に指定したことにより、医療現場では季節性インフルエンザの診療よりはるかに煩雑なものとなっている。

  • 1
4 4月
AV

政権はまず新型コロナ「指定感染症」の解除を 国民の疲弊と経済悪化・財政支援は限界に来た

症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ
  • 新型コロナウイルス感染症がに対し、都道府県知事(保健所設置市長)が 健康診断を受けさせる(法第17条)• この他にも、多くの有識者、政治家、そして医療関係者が、現在の「第二類相当の指定感染症」から除外するか、もしくは季節性インフルエンザと同程度の五類感染症扱いにすべきだという主張をしている。

  • 1%減という統計開始以来最大のマイナスになったが、この6割近くは個人消費の減少で説明できる。

  • 15
25 11月
AV

指定感染症とは|感染症法の解説

症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ
  • 過去のどんな景気後退局面でも、これほど個人消費が落ち込むことはなかった。

  • 合致する症状があるが、病原体検査又は医師の診断によって確定されていない者• 要約すれば、新型コロナは大した危険性がなく、経済を止めてまで対応する必要はないということです。

  • 17
22 7月
AV

コロナ対策の決め手は「指定感染症」の解除

症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ 症 解除 指定 感染 コロナ
  • 仮に、「売上高が2割減少した状態が1年続けば倒産に追い込まれる」といった臨界点があるとしよう。

  • 政治に対して意見があるのは当たり前だ。

  • 13