24 8月
AV

糖尿病薬の注射剤(インスリン・GLP

注 レベミル 注 レベミル 注 レベミル 注 レベミル
  • 投与終了時のHbA1cは両投与群ともやや上昇した。

  • *:p<0. 7).高齢者。

  • 9
18 11月
AV

医療用医薬品 : レベミル (レベミル注ペンフィル)

注 レベミル 注 レベミル 注 レベミル 注 レベミル
  • であっても、が疑われたり血糖コンが経口薬のみでは 上手くいかないケースや妊婦などに用いられます。

  • イソニアジド 血糖降下作用の減弱による高血糖症状があらわれることがある(「2. 33 61. 重要な基本的注意」の項参照)。

  • 12
6 11月
AV

トレシーバとレベミルの違いは?

注 レベミル 注 レベミル 注 レベミル 注 レベミル
  • ヒトインスリンに対する獲得抗体を有し、高用量のインスリンを必要としている患者では、他のインスリン製剤から本剤に変更することによって、本剤の需要量が急激に変化することがあるので、経過を観察しながら慎重に投与すること。

  • 抗インスリン様作用による血糖上昇作用を有する。

  • 11
21 3月
AV

1日1回投与の持効型溶解インスリン「レベミル®」発売

注 レベミル 注 レベミル 注 レベミル 注 レベミル
  • 4).インスリンカートリッジにひびが入っている場合は使用しない。

  • 用量の調整には、初回の投与から数週間あるいは数ヵ月間必要になることがある。

  • 2
21 12月
AV

インスリン製剤の解説|日経メディカル処方薬事典

注 レベミル 注 レベミル 注 レベミル 注 レベミル
  • 1 1日1回投与の中間型又は持続型インスリン製剤から本剤に変更する場合、通常初期用量は、中間型又は持続型インスリン製剤の1日投与量と同単位を目安として投与を開始する。

  • 9 ランタス、レベミル、トレシーバの違いは? 一般名 ランタス:インスリングラルギン レベミル:インスリンデテミル トレシーバ:インスリンデグルデク 持続時間 ランタス:ほぼ24時間 レベミル:14~24時間以上 トレシーバ:42時間超 持続化の仕組み ランタス:インスリンのアミノ酸配列を改変することで、薬剤溶液中の酸性条件下では溶解しているが、皮下投与後の中性条件下で微粒子状に集合するようになっており、そこから徐々にグラルギン分子が溶解・解離して血中に移行する。

  • 1