14 6月
AV

新装版 殺しの双曲線

双曲線 殺し の 双曲線 殺し の 双曲線 殺し の 双曲線 殺し の
  • サークル内にいる人物のなかに高確率で犯人がいると思われたり、捜査のプロである警察が事件に関与できない理由づけになったりなど、パズルとしてのミステリーを効果的に演出する。

  • この二つの物語は いいところで場面が切り替わるように描かれており、良くも悪くも「続きが気になる」作品となっています。

  • 17
29 10月
AV

『殺しの双曲線』2つの事件が重なる真実-読書感想

双曲線 殺し の 双曲線 殺し の 双曲線 殺し の 双曲線 殺し の
  • つまり、 双生児の二人を混同させる替え玉トリックではなく、二組の双生児同士を混同させるというトリックになっているのです。

  • 「今日は十二月三十日か」 と、刑事の一人が、カレンダーに眼をやっていった。

  • 15
30 7月
AV

雪山の山荘で一人ずつ消えていく「殺しの双曲線」

双曲線 殺し の 双曲線 殺し の 双曲線 殺し の 双曲線 殺し の
  • なお謙は矢部は母を助けなかったことを悔いて自殺したと勘違いしたため、矢部が自殺した際に第一の復讐が完了したというメッセージを残した。

  • この付箋の意味は、以下のようなものです。

  • 7
23 8月
AV

西村京太郎氏の「殺しの双曲線」について

双曲線 殺し の 双曲線 殺し の 双曲線 殺し の 双曲線 殺し の
  • トラベルミステリーに興味が持てなくて初めての西村京太郎作品でしたが、イメージ変わった。

  • HD 制作年 1987年 制作国 日本 言語 日本語 ジャンル 国内サスペンス 出演者 沢田亜矢子、篠田三郎、宅麻伸、中山仁、石橋蓮司、長谷直美、加納竜 ほか スタッフ 原作:西村京太郎• 冒頭で、作者から「メイントリックは、双生児であることを利用したものです。

  • 18
6 5月
AV

西村京太郎「殺しの双曲線」についてネタバレですが教えて下さい!

双曲線 殺し の 双曲線 殺し の 双曲線 殺し の 双曲線 殺し の
  • もはや、「孤島」系、「館」系ミステリーの基本形の一つといっても過言ではありません。

  • 矢部が実際に自殺だった点や、五十嵐を殺したタイミングの不自然さ、などミステリー的に弱い部分は多々ありますが、これまで西村京太郎という作家に持っていたイメージよりはすごくいい作品だった。

  • 4