29 9月
AV

排煙設備の設置基準を解説【自然排煙と機械排煙の違いや種類】

煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排
  • 但し、消防法の扱いは所轄の消防署によって若干の違いがありますので、設計者だけで判断せず、必ず所轄消防と打合せ確認するようにしてください。

  • 「」の8ページ目です。

  • 3
19 9月
AV

» 排煙緩和告示(屋外への出口のある居室)

煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排
  • )その他当該各居室に存する者が容易に道に避難することができる出口が設けられていること。

  • 結構厄介ですよね。

  • 20
16 11月
AV

排煙告示緩和に登場する不燃にしなければならない「下地」はどこまでを指すのか

煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排
  • 1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分 片側30mm~4... それぞれ法律の設置基準をご紹介します。

  • 令第116条の2第1項第2号の開口部は条文上「開放できる部分」であるが、令第126条の3第1項第8号の開口部は「排煙口」である。

  • 10
24 6月
AV

排煙設備の設置基準を解説【自然排煙と機械排煙の違いや種類】

煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排
  • ダイニングキッチン,リビングキッチンの場合は,調理室と食堂または居室との間に高さ50cm以上の垂れ壁で区画しなければ,食堂または居間も内装制限の対象となる。

  • 防煙区画の各部分から排煙口にいたる水平距離が30m以下となるように設置• html おそらく、この中の 「四 次のイからニまでのいずれかに該当する建築物の部分 ハ 高さ 31m以下 の建築物の部分(カッコ内略) (3) 床面積 100m2以内ごとに準耐火構造の床若しくは壁又は法第2条第九号の二ロに規定する防火設備で令第112条第14項第一... 排煙口は、以下のどちらにも当てはまる構造とすること• [下図参照] ただし、天井高が3メートル以上の場合は天井高の2分の1以上かつ、2. A ベストアンサー 詳細は法規によりますが、概略の考えとしては以下です。

  • 4
24 3月
AV

消防法による排煙設備設置基準について

煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排
  • 希望は木製の引き違い框窓なのですが、 内装制限は建具には適用されない、という話をよく見かけるので、 希望通り木製框窓にしようと思いますが、これは問題ないのでしょうか。

  • 天井または壁の上部{天井から80㎝(または、たけの最も短い防煙壁)以内の高さ}に設置• この改正で,特殊建築物でない用途で,直接に屋外に出ることができてそのまま道まで避難できる居室については排煙設備設置が免除されています。

  • 2
22 7月
AV

【●オフィスづくりの豆知識●】オフィスの排煙設備について

煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排 煙 告示 排
  • ),博物館,美術館若しくは図書館の用途に供するものであること。

  • ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No. 床面積500㎡以内ごとに、防煙壁で防煙区画すること• (柱芯=壁芯になりますので) 鉄骨造や鉄筋コンクリート造で柱型が室内に出てくるような建物ですと壁芯での計算です。

  • 18