7 6月
AV

民事訴訟費用等に関する法律

訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事
  • 例えば、貸金返還請求訴訟において、被告が既に弁済したか否か証拠上はっきりしない場合で、裁判所としては別の証拠があれば事実認定できると考えた場合でも、当事者が申出をしない限りその別の証拠を調べることはできない(現行民事訴訟法第219条。

  • )が記載され、又は記録されていること。

  • 20
15 4月
AV

山本弘「民事訴訟法」の特徴と評価

訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事
  • ハッピーハロウィン。

  • )に関する消費者からの事業者に対する訴えは、訴えの提起の時又は消費者契約の締結の時における消費者の住所が日本国内にあるときは、日本の裁判所に提起することができる。

  • 7
5 6月
AV

民事訴訟法・複雑訴訟総ざらえ3|芹沢|note

訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事
  • 如於第一項之代理權加以限制者,應於前條之委任書或筆錄內表明。

  • 3 前項の書面は、当事者双方に送達しなければならない。

  • 14
23 5月
AV

【司法試験一発合格者の厳選】民事訴訟法のおすすめ基本書・参考書・問題集・判例集などの本まとめ

訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事
  • 「民訴=眠素」と言われるくらいに、 民事訴訟法に苦手意識を持っている人は多いと思います。

  • 改正後の証拠規定は、 2020年 5月 1日より正式に施行し、その時点で審理中の案件は原則上改正後の証拠規定を適用する。

  • 19
25 2月
AV

【司法試験一発合格者の厳選】民事訴訟法のおすすめ基本書・参考書・問題集・判例集などの本まとめ

訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事
  • 広い意味での民事訴訟には、訴訟によって確定した権利を実行する執行手続(により規定)やそのための準備段階にあたる民事保全手続(により規定)、および債権債務に関する多数当事者の関係を規律する処理手続もこれに含まれる。

  • の法学者の起草によるものである。

  • 12
15 12月
AV

民事訴訟法とは

訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事 訴訟 法 民事
  • 第三節 訴訟上の救助• 第五節 書証• 第一章 総則• 主張責任• )を変更することができる。

  • 司法鑑定の手続きや鑑定意見の取扱いについて、 2001年の証拠規定にはすでに定められるが、現実上、司法鑑定の運用には、まだ様々な問題がある。

  • 15