4 3月
AV

《詩經

訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は
  • それは世の中に同調するにつれて弱くなり聞こえなくなる。

  • ) 景春曰、公孫衍、張儀、豈不誠大丈夫哉、一怒而諸侯懼、安居而天下熄、孟子曰、是焉得爲大丈夫乎、子未學禮乎、丈夫之冠也父命之、女子之嫁也母命之、往送之門、戒之曰、往之女家、必敬必戒無違夫子、以順爲正者妾婦之道也、居天下之廣、居立天下之正位、行天下之大道、得志與民由之、不得志獨行其道、富貴不能淫、貧賤不能移、威武不能屈、此之謂大丈夫 (孟子 藤文公下) (景春曰く公孫衍、張儀は豈誠の大丈夫ならざらんや。

  • 9
29 1月
AV

人は善悪どちらの性質なのか 性善・性悪説 その3~漢文解説「孟子」(告子章句上)~「性猶湍水也」

訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は
  • 三に「阿難汝当受持」より下「宣説仏語」に至るこのかたは、まさしく勧持と勧説とを明かす。

  • 又曠劫已來倶造諸行有漏之法繋屬。

  • 2
12 7月
AV

孟子 「性猶湍水也」 現代語訳

訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は
  • 「梁恵王章句上・下」• その胎生の者はまたこれと同じです。

  • 」 それで、はまだ希望がある、と思った。

  • 19
29 8月
AV

漢文の読み方のコツ①漢字力の基礎②頻出の句形句法③文脈判断で解く

訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は
  • 宜しく以て鑒と爲して自ら省すべく、則ち知る、天命の保ち難きを、と。

  • 非理言也。

  • 20
29 11月
AV

孟子

訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は 訳 下 の 善 猶 し 就く に ほ 現代 が なる ごと 語 性 水 き の は
  • しかし、それでは抽象的すぎてどうしようもない。

  • 其の詞意を味わうに、信に周公に非ずんば作ること能わざるなり、と。

  • 17