1 4月
AV

神戸新聞NEXT|丹波|疫病に黒大豆が効果? 江戸時代の文書に記載

疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代
  • 信仰とアマビエ [ ] 2020年4月ごろから、護符やの印判にアマビエを用いはじめるやも日本各地で見られるようになった。

  • この量は九十万人以上の患者一ヶ月分の用量に当たると推測されている。

  • 2
1 3月
AV

魔除け札、赤べこ、張り子の虎…江戸時代の疫病退散術を紹介 大阪

疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代
  • しかし、海に近い「一つ目沼地」と呼ばれる部分は、開港前まで遊水地として残されていた。

  • しかし、毛人が死去したのが宝亀三年(七七二)、島麻呂が死去したのが天平宝字五年(七六一)であったことを考えると、真勝が生まれた天平勝宝六年(七五四)では、彼は議政官を出す名門氏族の御曹司として、期待を寄せられた誕生だったことであろう。

  • 5
27 8月
AV

庶民の世論が影響? 江戸時代の改元|日経BizGate

疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代
  • ヤマセにより凶作。

  • 「芝居を初め物見遊山吉原など更に行くもの稀」で、繁盛は医者や薬屋ばかり、早桶も品切れで生産が間に合わぬ状態でした。

  • 19
1 4月
AV

庶民の世論が影響? 江戸時代の改元|日経BizGate

疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代
  • 27 巻末注28. 「件の短刀を抜放し汗手拭を握りて縛の縄にしつつ立上り病女を白眼(にらみ)し勢ひ誠に別人の如く」「病女一目見るより戦慄甚しく其まま打臥」、その後滝の如く汗を流して、瘧は跡形なく快癒した、というのです。

  • 正倉院文書には、目や足、腰、腹の不調を理由に休暇を取る写経生の記録が残っているという。

  • 6
17 7月
AV

「元三大師」疫病退散へお札復刻 江戸期の版木発見 山形・南陽の熊野大社

疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代
  • さきほどの鬼は首根っこをつかまれていましたが、今度は 足首つかまれて逆さ吊り(涙)。

  • , pp. アマビエ」)。

  • 13
19 7月
AV

(・∀・)「江戸時代、子犬のおかげで流行り病が治まった」八坂神社(熊本)の疾病避けお守りが話題

疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代 疫病 江戸 時代
  • 日本では2020年4月7日に新型コロナ感染症緊急事態宣言が発出、現在も一部の地域で継続中である。

  • 鬼もかなわないパワーファイター為朝、これはご利益ありそうです。

  • 10