7 11月
AV

誘導放出:レーザー技術入門

放出 誘導 放出 誘導 放出 誘導 放出 誘導
  • もっとも、「粘り着く」なんて学問的な表現じゃないですね。

  • エネルギー準位が遷移するわけではありません。

  • 2
3 7月
AV

レーザの原理|レーザの基礎知識|TOWAレーザーフロント株式会社

放出 誘導 放出 誘導 放出 誘導 放出 誘導
  • レーザの発振原理を説明するために、2枚の平行反射鏡を用いた ファブリ・ペロ(FP:Fabry-Perot)共振器を図5に示します。

  • これらはそれぞれ正の吸収と負の吸収とみなすことができ、直接光子吸収と一般に誘導放出と呼ばれるものである。

  • 13
1 8月
AV

レーザの原理|レーザの基礎知識|TOWAレーザーフロント株式会社

放出 誘導 放出 誘導 放出 誘導 放出 誘導
  • 東北大学と大阪大学、京都産業大学および、ケルン大学の共同研究グループは、普通の超伝導体をトポロジカル超伝導体に変換する方法を開発した。

  • 固体レーザは、気体に比べて体積中に原子が多く詰まっているため、レーザ出力は大きく、レーザ加工・レーザ溶接・レーザマーキングなど広い分野で利用されています。

  • 9
22 5月
AV

誘導放出(ゆうどうほうしゅつ)とは

放出 誘導 放出 誘導 放出 誘導 放出 誘導
  • , pp. 電子はこれらの電子レベルに存在し、しばしばエネルギーの吸収および放出によってレベル間を遷移する。

  • 真空中の光速cは不変であるからnが波長 または周波数 依存性を持つとしたら媒質中の光速vが周波数依存性を持つことにな... 1. 反転分布とは? 全ての物質は原子からできています。

  • 17
30 5月
AV

誘導放出とは

放出 誘導 放出 誘導 放出 誘導 放出 誘導
  • Shu, F. 1916. したがって、 エネルギー準位E 2とエネルギー準位E 3との間で反転分布が形成されます。

  • 特徴は、図1のように活性層の反射面に の劈開面が利用されていることです。

  • 18