15 4月
AV

法定後見の3類型(後見・保佐・補助)

の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判
  • 現在は、申立て時に医師の診断書が未提出、提出された診断書では本人の判断能力の程度が分からない、診断書の内容と申立人などの陳述の齟齬が大きいなどの場合に、鑑定が実施されています。

  • 申立て 利用する類型、申立人、候補者が決まり、申立先を確認して、費用と必要書類が準備できたら、管轄の家庭裁判所に申立てを行います。

  • 16
1 12月
AV

後見開始について

の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判
  • 候補者が、本人の財産を、自分や親族のために使用することを希望している• 成年後見人等の候補者になった事情• 担当のケアマネジャーなどが中心となって市町村長への要請を行うといいでしょう。

  • 主な監督行為としては後見の事務の報告や財産の状況の調査がある。

  • 5
14 4月
AV

申立てをお考えの方へ(成年後見・保佐・補助)

の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判
  • 家庭裁判所は司法機関であり、裁判官と言えど医療の専門的な知識は持ち合わせていないため、本人の判断能力については医師の判断を尊重することになります。

  • 親族照会• またご本人が遺産相続した場合には後見人が遺産分割協議に参加しますし、ご本人が交通事故に遭えば後見人が損害賠償請求の手続きに対応します。

  • 11
18 12月
AV

後見開始の申立てと費用

の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判
  • 後見審判の確定証明書の取り扱い部署 後見審判の確定証明書は、東京家庭裁判所2階の「後見センター」という部署で発行してくれます。

  • ・ 本人の戸籍謄本(全部事項証明書)(発行日から3か月以内のもの)• 本人の生活状況• の規定は、後見人又は後見監督人と被後見人との間において後見に関して生じた債権のについて準用する(1項)。

  • 10
30 12月
AV

後見開始の審判の申立てから審判まで:申立書書式と必要書類、費用は?

の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判 の と 開始 後見 は 審判
  • 成年後見人等に選任されることへの意見 申立て時に提出した後見人等事情説明書の項目に沿って、候補者が把握している範囲で説明します。

  • 申立て時の必要書類の一つとして診断書を提出しますが、診断書から本人の判断能力が十分に判断できない場合などには、家庭裁判所が医師に本人の判断能力の鑑定を依頼することがあります。

  • 4