28 12月
AV

源氏物語の若紫のストーリーを教えて下さい

北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見
  • こざっぱりとして美しい年配の女房が二人ばかり、その他は子どもたちが(部屋に)出たり入ったりして遊んでいます。

  • たいそう見苦しい様子を、だれか見てしまったでしょうか。

  • 8
30 10月
AV

源氏物語「若紫・北山の垣間見・若紫との出会い(尼君、髪をかきなでつつ〜)」の現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見
  • 田辺聖子「『源氏物語』」『新潮45』第18巻第7号(通号第207号;特集 古典の御利益)、新潮社、1999年(平成11年)7月、pp. 11 尼君たちから源氏の姿は見えるか、見えないか。

  • 上の、おぼつかながり、嘆ききこえ給ふ御気色も、いといとほしう見たてまつりながら、かかる折だにと、心もあくがれ惑ひて、何処にも何処にも、まうで給はず、内裏にても里にても、昼はつれづれと眺め暮らして、暮るれば、王命婦(おうみょうぶ)を責め歩き給ふ。

  • 1
18 1月
AV

源氏物語 「北山のかいま見」 現代語訳

北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見
  • 垣間見ってのは、合法的な覗きってことになるんだけど、 僕の時代は結婚前の女の人を近くで見るってできないんだよ。

  • はじめより我はと思ひ上がり給へる御方がた、めざましきものにおとしめ嫉み(そねみ)給ふ。

  • 9
9 8月
AV

新源氏物語 (田辺聖子)

北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見
  • 163-164。

  • 」とて立つ音すれば、帰り給ひぬ。

  • 2
7 12月
AV

源氏物語若紫北山の垣間見紫の上の登場小柴垣品詞分解現代語訳

北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見
  • 『田辺聖子全集 8 新源氏物語(下)』集英社、2004年(平成16年)7月 若菜上から夢浮橋まで 参考文献 [ ]• その中に、十歳ほどであろうと思われる、白い下着に、山吹襲で着慣れて柔らかくなっ ているのを着て走って来た女の子は、多く見えた他の子どもたちとは似ているはずもな く、たいそう成長後の姿が想像できていかにも可愛らしい感じの容貌です。

  • 御文なども、例の、御覧じ入れぬよしのみあれば、常のことながらも、つらういみじう思しほれて、内裏へも参らで、二、三日籠もりおはすれば、また、「いかなるにか」と、御心動かせ給ふべかめるも、恐ろしうのみおぼえ給ふ。

  • 10
26 9月
AV

源氏物語の若紫のストーリーを教えて下さい

北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見 北山 の 訳 現代 物語 語 源氏 垣間見
  • いとをかしう、やうやうなりつるものを。

  • (その尼君の顔に)少し似ているところがあるので、(その泣いている少女は)尼君の娘なのだろうと(光源氏は)御覧になる。

  • 4