6 2月
AV

ファーミック / 添付文書改訂情報

添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ
  • Blood. 日本形成外科学会ブレストインプラントガイドライン管理委員会. 白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法の場合、再発時の白金系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法で奏効が維持されている患者を対象とする。

  • 1日の合計摂取量は800mg。

  • 4
10 2月
AV

ファーミック / 添付文書改訂情報

添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ
  • もともとは白金系抗悪性腫瘍薬感受性の再発卵巣がん治療薬として発売されましたが、今回の適応追加により、国内で初めて、BRCA遺伝子陽性の遺伝性乳がん治療薬として使用されることになりました。

  • 2014年から2020年までに、少なくとも6つの新薬の上市を予定しており、肺がん、卵巣がん、乳がんおよび血液がんに焦点を当てたNew Oncologyをアストラゼネカの5つの成長基盤のひとつとして、低分子からバイオ医薬品にわたる広範な開発パイプラインを進展させることに注力しています。

  • 13
7 9月
AV

乳がん・卵巣がんの新薬オラパリブ(リムパーザ)について知っておきたい5つのこと

添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ
  • 選択的阻害剤の一種であり () と () への作用 はそれぞれ 5 nM と 1 nMである。

  • 被験者はリムパーザ(カプセル剤)を単剤維持療法として1日1回400mgの投与もしくはプラセボの投与群に無作為に割り付けました。

  • 16
20 7月
AV

医療用医薬品 : リムパーザ (商品詳細情報)

添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ
  • その結果、細胞のがん化につながるさらなる遺伝子変化を起こす可能性が高くなります。

  • convention. 【アストラゼネカとMSDのがん領域における世界的戦略的提携について】 2017年7月27日、アストラゼネカPLCとメルク・アンド・カンパニー(本社:米国ニュージャージー州ケニルワース、(北米以外ではMSD))は、世界初および主要なPARP 阻害剤であるアストラゼネカのリムパーザおよび現在開発中のMEK 阻害剤セルメチニブについて、複数のがん種を対象とした共同開発・商業化に関する世界的な戦略的提携を発表しました。

  • 8
2 2月
AV

医療関係者の確認|MSD Connect

添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ 添付 文書 オラパリブ
  • 2020年02月12日 のご案内を掲載いたしました• 決まり次第、速やかにご報告させていただきます。

  • 卵巣がんは化学療法後の再発率が非常に高い疾患であり、これまでその治療選択肢は限られていました。

  • 3