11 4月
AV

『こいさん』『いとさん』、四人姉妹の次女と三女は?

あ われ いと あ われ いと あ われ いと あ われ いと
  • 女の御装束、「今日は世づきたり」と見ゆるは、ありし筥の心葉を、さながらなりけり。

  • 〔八〕 宮はやっと女のところへお越しになって、 「じぶんでもあきれるほど思いがけなくご無沙汰したのを冷たいとは思わないでください。

  • 19
1 10月
AV

和泉式部日記・原文

あ われ いと あ われ いと あ われ いと あ われ いと
  • (大正10年) ので開催されたに参加。

  • 『今まで』 とはいつのことでしょう」 などと、それとなく話をはぐらかしているうちに、夜もしだいに更けてきた。

  • 5
25 3月
AV

伊勢物語絵巻六九段(狩の使)

あ われ いと あ われ いと あ われ いと あ われ いと
  • 『』〈タチバナ教養文庫〉、2002年(平成14年)4月。

  • 世の中の人も便なげに言ふなり。

  • 14
7 7月
AV

ワーカーズ・コレクティブ リフォームいと(草加市)

あ われ いと あ われ いと あ われ いと あ われ いと
  • 庭の植え込みの美しい中をお歩きになって、 「人は草葉の露なれや (わが思ふ 人は草葉の 露なれや かくれば袖の まづそほつらむ/わたしが恋しく思っている人は草葉の露なのだろうか あなたを思うとすぐに涙で袖が濡れる[拾遺集・読人しらず]) 」 などとおっしゃる。

  • その宮は、いとあてにけけしうおはしますなるは。

  • 8
18 4月
AV

『竹取物語』の原文・現代語訳1

あ われ いと あ われ いと あ われ いと あ われ いと
  • いつのほどにてかは、何ならぬ御名のりを聞え給はむ。

  • 盛岡から上京 [ ] 作人館を出て間もない頃、で洋服店を営んでいた叔父のから「東京で勉強させてはどうか」という内容の手紙が届き、新しい学問を求めて東京へと旅立つ。

  • 11
28 7月
AV

『竹取物語』の原文・現代語訳1

あ われ いと あ われ いと あ われ いと あ われ いと
  • もの聞き分くほどにもあらで、ねたう」 とのたまふ。

  • その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。

  • 4